あなたは、CX-5という車に興味はありますか?

マツダが作っているCX-5は、ガソリン車の他に環境に配慮したクリーンディーゼル車が販売されているSUV車です。

SUV車が好きな方であれば、CX-5という車を知っている方も多いでしょう。

しかし、「どうも興味が湧かない」という方もいることも事実ではないでしょうか?

CX-5は、ディーラーで試乗することができますが、試乗した方がどのような魅力を感じ、どのような感想や印象を持ったのか?

興味がある方は魅力の再認識に、興味があまりないという方は「こういう車なんだ」という理解をしていただくために、ぜひ一読して下さい。

 

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

2WD(FF)の試乗の場合

2WDと4WDの大きな違いは、雪道走行でハンドルを切った時にわかります。

2WDであれば、「タイヤが雪にとられる可能性が高い」「坂道発進でタイヤが空回りする」などの冬ならではの悩みがあります。

新型CX-5の2WDは、こういうケースできちんと対応できる車なのでしょうか?

試乗レポートをみていきますと、

「カーブが続き、急ハンドルを切っても車が大きく軌道を描きローリングすることはない。」

「サスペンションが硬いと聞いていたが、雪上ではしなやかな足回りである。」

「凍った轍でもゴツゴツいわない。」

「坂道発進がスムーズ。加速が良いから運転がうまくなった錯覚を覚えた。」

SUV車であるとはいえ2WDです。

発進や加速、コーナリングなど走行性能の評価がものすごく高いということがわかります。

冬特有の轍などは、走っていても不快感がありますしストレスもたまってくるのですが、快適に走れるという所がポイントであることが伝わってきます。

2WDで雪道を走り、これだけの良い評価があるということはなかなか無いでしょう。

2WDで雪道を苦にしないということであれば、4WDはどれだけ快適なのかという想像をするだけで高揚感がでてくるのではないでしょうか?

 

なぜ2WDなのに雪道など悪路を気にしないで走れるのか?

これを説明するには、多少車の専門用語が入ってきます。

もしかしたら、若干イメージしにくいかもしれませんが、その点はご了承いただきたいと思います。

マツダの「GVC」。

これが、2WDでも雪道走行がスムーズにできる要因となっているシステムです。

GVCは、「G-ベクタリングコントロール」の略で、マツダ・アクセラという車からこのシステムが導入されています。

これにより、ハンドル操作に連動して駆動トルクを制御することで接地加重をコントロールし、スムーズな走りを実現しています。

通常、轍や段差のあるカーブを走行するときは、細かいハンドル操作をしなければなりません。

細かい操作というものは、人にとっても車にとっても何かとストレスがかかります。

GVCシステムにより、段差や轍を走行することにより発生する細かいハンドルブレを抑えることにより、スムーズな走りをすることができるようになっているのです。

走行中の安全面に関する機能が、各メーカーのレベルがかなり高くなっていますが、マツダも例にもれずハイレベルな安全システムを導入しています。

しかし、システムが勝手に運転してくれるわけでもなければロボットが機械的に運転してくれるわけでもありません。

あなたの安全運転の補助的な役割として、GVCなどのシステムがついていますので、無茶な運転は避けるようにしましょう。
 

エンジン音が静か?

ここからは、「音」に注目していきます。

CX-5には、大きく分けてガソリンエンジン車とクリーンディーゼル車の2つがあります。

この2つのうち、クリーンディーゼル車の音について書いていきますが、あなたにとってディーゼル車と聞くとどのような印象を受けるでしょうか?

「真っ黒い煙が出る」「音がうるさい」というようなマイナスイメージが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。

クリーンディーゼル車を試乗した場合のレポートをみていくと、

「エンジン特有のカラカラ音がなく、後部座席に乗った子供たちも静かだと言っていた。」

「旧型のCX-5は、エンジン回転数が上がるときの音が良かったが、新型CX-5のエンジン音では高揚感が得られない。見事な静粛性であるため、仕方ないかもしれない。」

「エンジン音は全くしないというわけではなく、高速道路を走ると音は大きいが、嫌な音ではない。」

エンジン音に関するレポートをまとめましたが、ディーゼル車なので音が出るのは仕方ないことかもしれません。

しかし、一昔前のディーゼル車は、音がまるで爆音の如く響かせていた時期もありました。

それと比べるとディーゼル車の音が静かだという口コミが多いということは、高評価であると言えるでしょう。

エンジン音が好きな方にとっては、満足いくものではないのかもしれませんが、試乗した方が共通で言っていることは「音が静かである」ということです。

運転する方にとって、音が多少大きくても気にしないというケースもあるかもしれませんが、音が静かであれば車の中で快適に寝ることができるでしょうし、なにより快適に走行できるという部分が高評価のポイントのようです。

 

女性目線から見ると、新型CX-5はどのように映るのか?

現代は、女性がCX-5などの大きいSUV車を運転することがかなり増えてきたように感じます。

最近では、車の評価として女性からの視点というものも大事になってくる傾向があります。

そこで、CX-5は女性の目線から見るとどのような評価になるのかをみていくことにします。

「オルガン式アクセルペダルなので、足全体で踏むことができラクである。」

「踏み込みは浅いので、楽に車が加速してくれる。」

「車に乗るときは、少し背伸する感じなのでお年寄りや子供には若干高すぎるかもしれない。」

「運転席も後部座席も足元にゆったり感がある。」

「運転中の音が気にならない。」

女性目線で見てもおおむね評価は高いということが言えそうです。

大きい車でアクセルペダルを踏み続けても疲れないという所は、マツダの素晴らしい技術であることがわかるのではないでしょうか。

また、車の乗り込みに関しては男性より女性の方が小柄である場合がほとんどですので、「高すぎる」という意見が出ることは、仕方のないことかもしれませんが小さい子供を車に乗せたりする場合は、少し大変に感じてしまう可能性がありそうです。

しかし、男性女性問わず、走行中の音が気にならないという感想を持っていますので、お出かけする場合でも快適に走行することができるでしょう。

 

他の高評価ポイントは?

CX-5の感想は、他にもありますのでご紹介していきます。

「ハンドリングがすごく正確であり、タイヤが伝える路面状況が手に取るようにわかる。」

「ほんの少しハンドルを動かすだけで、しっかりとカーブが曲がれ小回りが利く印象を受けた。」

「アクティブ・ドライビング・ディスプレイの表示位置が適切である。」

「アイドリングストップからの再発進は、非常にスムーズであり良い。」

「ブレーキはドイツ車と比べるとやや力が必要である。」

印象に残るような感想を中心に取り上げてきました。

試乗する方によって、着目点がそれぞれ異なりますので、あなたにとって参考になる意見がいくつかあるのではないでしょうか。

ちなみに、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」は、走行中のフロントガラスに道路標識などが表示されるものです。

CX-5は、このディスプレイをドライバーの目線から少し下に表示されるようになっていますので、走行の邪魔になることはないでしょう。

コーナリングに注目している試乗者も多く、車の大きさに似合わず小回りが利くという所に驚きがあったようです。

取り上げてきた口コミでは、「静か」「スムーズ」など運転しているまたは同乗している人にとってストレスに感じる部分が少なくなってきたということが言えます。

 

CX-5の試乗に1度行ってみよう!

CX-5の試乗した方の感想を書いてきましたが、人それぞれ注目している部分が異なるとはいえ、印象や感想が違うということがお分かりいただけたかと思います。

人により、CX-5に求めるものが異なりますので、感想が違うのは当然といえば当然です。

あなたがもし車を買うとしたら、その車に何を求めますか?

「広さ」でしょうか?

「燃費」でしょうか?

「操作性」でしょうか?

人によって違いますよね?

「SUV車がほしい。一度試乗できないかな。」と思われた時は、CX-5は試乗することができますので、1度ディーラー等にお問い合わせしてみることをおすすめします。

無料で試乗させてもらえますが、もしかしたら「CX-5買いませんか?」と勧められる可能性があります。

その場合、気に入ったら購入を検討しても良いですし、違和感を感じた場合は、CX-5の他のグレードを試乗させてもらっても良いでしょう。

実際に乗った方の感想などを聞くと、やはり参考になることが多々ありますので、興味がない方でも「乗ってみたい」と感じるかもしれませんが、性能以外の部分では、インテリアやエクステリアもそれぞれ好みが分かれるところですので、1番判断しやすいのは、現物を見てみることに尽きると言えるのではないでしょうか。

ネットやカタログでは、わからないことが試乗ではわかりますので、ぜひ試乗に行ってみて下さい。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事