2016年12月にフルモデルチェンジを行い、2017年2月から販売されたCX-5の中古市場というのはどうなのでしょうか。

2018年2月にマイナーチェンジした上で、もし価格推移が下がっているのであれば是非購入を検討したいものです。

当記事では、中古に出回るCX-5を中心に市場をやすいのかどうか確認していきたいと思います。

※以降の価格は、本体価格のみですのでご注意ください。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

新型CX-5の中古車価格

下記グラフは、CX-5の中古車の価格推移を表したものです。ご覧いただくと、実は下がるだけでなく上がっていることが見てわかります。おそらくですが、これは新型が登場し、比較的新し目の中古車が市場に出て来たものと思われます。つまり、各車種のグレード別年式別など細かに見ないとわからないのであまり当てにならないのが正直なところです。

そこで、やはり購入したいのは新型CX-5ですよね。では、実際に価格を確認しながら検討の余地があるのかどうか見ていきます。

実際に販売されている中古価格

大手中古車販売サイトで調べると、CX-5は、各社で新旧合わせて約560台~600台(※安心の5万km以下で、記録簿ありのものを選択しています)ほどの登録がされています。中でも、2017年以降発売の新型は、約135台~150台ほどが登録。販売台数がそもそもそれほど多くはないため、出回る中古車も少ないですね。

価格はというと、2017年式のもので、約240万円~350万円となっています。一番安いものだと、グレードがXDのタイプのディーゼル、そして、約260万程度を出すと、Lパッケージあたりが範囲内に入ってきます。

やはり、最上位のLパッケージは約260万~350万近くかかってしまうことがわかります。

こう見ると、2WDか4WDなのか、オプションがどれだけ充実した1台なのかという点はありますが、中古となると最大30万ほどの価格差が新車とあるのがわかります。

つまり、新型の中古は、ほぼ新車に近いものになるくらい価格差は無いと言ってもいいと考えます。

参考:新型新車価格

25S Lパッケージ:約299万~321万
XD Lパッケージ:約330万~353万

旧型CX-5の中古車価格


中古車の価格というのは、グレードはもちろんですが、人気の色や走行距離、車検の有無などにより販売価格が変わってきます。

やはり乗るなら新型がいいわけですが、先程話した通り金額がそれほど下がっているとは言えません。ですが、新型の登場により、旧型の中古車が多く出回っています。(他車種と比べると少ないですが…)

約430台~450台(※安心の5万km以下で、記録簿ありのものを選択しています)ほどの登録がされています。

フルモデルチェンジをしたため、若干の過去感はあるかもしれませんが、デザイン性が高いので、今でも古臭さはありません。この際、年式は古くないしフルモデルチェンジ前に決めるのもありだと私は思います。

実際に販売されている中古価格

年式なんて関係ない!

そんな人は、約120万(本体価格)程度でCX-5が購入可能です。ただし、やはりモデルは一番古い2012年式。2012年式の4.4万kmの20Sが125万円、4.7万kmのXDが120万円というのが最低価格のようですね。

そして、中古車で価格が安い色となると、シルバー系やブルー系となるのですが、この年式であれば、ブラックやレッドも選択可能です!

そして、おすすめはやはりクリーンディーゼル車だと思います。

ただ、やはりマツダの約6年落ちは…と感じる人も多いと思います。

参考:2012年式新車価格

20S:226.3万円
XD:265.4万円

CX-5旧型の後期モデルの中古車は

やはり2012年は古すぎる!という人には、フルモデルチェンジの1つ前の年式で、2014年に大幅改良を行った後期モデルです。さらにプロアクティブがおすすめです。

後期モデルで何が変わったのかというと、下記のような機能を新搭載しました。

  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

さらに、プロアクティブ以上のグレードには、ALH、BSM、LASを標準装備になっているので安全面で充分な仕様となっています。

2015年式の2.8万kmの20Sプロアクティブであれば約140万円、25Sであっても156万円ほど。さらに、どうしてもクリーンディーゼルが良いという人は、3.9万kmのXDプロアクティブが178万円から購入可能です。

参考:2015年式新車価格
25S プロアクティブ:254.9万円
25S Lパッケージ:2287.3万円
XD プロアクティブ:293.8万円
XD Lパッケージ:326.2万円

中古車市場まとめ

日産エクストレイルに比べるとほぼ半数しか市場に出回らないCX-5です。ただ、新型が登場し、中古車も増えてきました。

できるだけ安く乗りたい人は、

2012年初期型のクリーンディーゼルを視野に!

新型に乗りたいけど値段を抑えたい人は

2015年式の旧型後期モデルのプロアクティブがおすすめ!

中古車は、本当にピンきりですし、走行距離が長ければ長いほど個性が出てきます。私は、一度安い中古車(外国車)を買って痛い目に合いました。

ご存知だと思いますが、中古は走行距離・年式が大切です。さらに、修復歴がないものであり、記録簿があると尚良いです。

今回は、そんな車を対象に価格を見てきました。価格だけにとらわれず良い買い物をしてほしいと思います。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事