CX-5の中古車を探しているという方の中には、勿論人気のディーゼル車や4WDを探しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし故障や値段という物を考えるとなかなか手が出ないという方も、勿論多いですよね。

今回は、そんなマツダのCX-5を中古で購入しようと考えている方向けに、CX-5のディーゼル車の中古車や故障のリスクについてご紹介します。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

CX-5のディーゼルエンジンの故障は?

購入するのになかなか踏み出せない

それはやはり購入するからには、中古で購入して修理が増えるという今までの概念がどうしても多いことと、スカイアクティブDの度重なるリコールやネット上の書き込みなどによる不安という物が挙げられるのではないでしょうか。

マツダのディーゼルエンジン

確かにディーゼルエンジンと言うと、耐久性が高く非常にタフなエンジンだと思っている方も多いでしょう。これはおそらく、トヨタのランドクルーザーやハイエースなどのディーゼルエンジンの耐久性が非常に強く、故障も少ない為に10万キロ以上を乗っても、海外への輸出に強いというイメージが強い為ではないでしょうか。

しかし、前置きすると今あげた車はランドクルーザーにしろハイエースにしろ世界のトヨタが作ったエンジンです。

このような言い方をすると、どうしても角が立ってしまうのですが、CX-5のディーゼルエンジンはトヨタではなくマツダが作っている為、確かに信頼性が少ないエンジンだと言えるでしょう。

CX-5のディーゼルエンジンは故障が不安だという方に一つ考えていただきたいのですが、CX-5はSUVではありますが、ランドクルーザーなどのSUVと比べて車高が低く作ってあります。

その為、相当な悪路を走っている車両はほとんどありません。

悪路を走っている車が少ないという事は、基本的に舗装道を走っている車が多いという事になります。舗装道と言うのは、基本的に街乗りがメインになりますので、そう考えていくとひどい乗り方をしてめちゃくちゃ痛んでいる車両という物は基本的には無いと言えるでしょう。

また、CX-5の中古車と言うと、中古車市場を調べてみるとわかるのですが、走行距離もほとんど伸びていない車種が多いので、状態が良い車両が多いと言えるのです。

また新型でなくても5年落ちの物を中古市場で探してみるとH24年式が多くありますが、10万㎞前後の車両が多いのです。

ハイエースなどと比べるとこの走行距離は少ないのですが、これはやはり悪路の走破性がそれほど良く無い事が挙げられるでしょう。と言うのもハイエースやランドクルーザーなどは悪路の走破性が高い為、建設会社や林業関係の会社で使用されていた物も多く中古市場に出回っているのです。

しかし、CX-5は悪路の走破性が車高が低い為極めて悪く、悪路での使用が極端に減ります。そう考えるとディーゼルエンジンの車であればまだまだ走る事ができますので、中古で購入しても故障の問題は少ないと言えるでしょう。

CX-5のディーゼルエンジンの耐久性は?

しかし、いくら走行距離が少ないと言っても、ガソリンエンジンレベルの耐久性のディーゼルエンジンだとしたら、中古で10万㎞超えの車種を購入したとしても果たして5年間乗る事は可能なのでしょうか。

これを考えるにあたっては、マツダのディーゼルエンジンの耐久性を考えることが必要です。と言うのも耐久性があれば中古でCX-5のディーゼル車を購入しても安心して乗る事ができますよね。

しかし中古車の状況を見るとどうしても10万㎞そこそこしか走っていませんのでそれ以降の調子を確認するというのは難しいと言えます。

その他のマツダのスカイアクティブ車を見てもあまり10万㎞を超えている車体は少ない為、状況は独自の判断になってきます。

マツダの中古ディーゼルは歴史が浅い?

ちなみに、10万㎞程度でディーゼル車が中古車市場にあふれている現状は、何か違和感があると言えます。

なぜならトヨタのディーゼル車の様に20万㎞以上走行している車体が数台見つかっても良いのですが見つからないという事は、何か操作性のような物を感じるのです。

それは何かというと、まだマツダのディーゼルエンジンは実績がないので、早めに乗り換えている方が多いという物です。

ちなみに、これはマツダの営業マンが仕向けているのでは?という様な憶測まで考えさせます。

どういうことかと言うと、ディーラーの営業マンは基本的にある程度走った車屋年数が経った車というのは買い替えを勧めて買い替えてもらうという事を行います。

この時、ガソリン車にしか乗った事の無いユーザーであれば、10万㎞走ったんですね。

そろそろ買い替えをいかがですか?と言うように攻め込むとユーザーも買い替えを検討する様になります。

おそらくですが、この時ディーラーの営業マンは故障した際のリスクという物を伝えて購買意欲を刺激しているはずでしょう。

確かにディーゼルエンジンは故障すると、ガソリンエンジンの比ではないくらい費用が掛かりますので、それを武器に買い替えを提案するというのはセオリー通りだと言えるでしょう。

これはおそらくディーゼルエンジンの耐久性がディーラーでもわかっていない為、買い替えをさせて様子を見るという部分もあるのかなと思うのです。

しかし基本的に最近の車は、耐久性はガソリン車であっても20万㎞超えの車は沢山ありますので、そう考えると耐久性がガソリン車並みであったとしても、20万㎞くらいはしっかりとメンテナンスをしておけば走れるのです。

CX-5の4WDの故障と耐久性

ディーゼルエンジンの耐久性や故障状況がご理解いただいたところで、もう一つの心配事を取り除く必要が有りますよね。そのもう一つの

心配というのは、CX-5の4WDを中古で購入しても良い物かという事です。

しかし実はこの件は前項目で解決しているという方が多いのではないでしょうか。

と言うのもエンジンは10万㎞以上走れても、4WD機構が大丈夫かと言う話ですが、これはやはり荒乗りをされていないという点でかいけつできるのではないでしょうか。

基本的に街乗りがメインの車ですので、他社の4WDよりも中古で購入した際の痛みという物は心配するほどの物ではないと言えるのです。

ですからたたとえ4WDであっても安心して購入する事ができるでしょう。

CX-5のディーゼルや4WDは今がねらい目?

CX-5のディーゼル車や4WD車を購入したいと思っていて、稠子車を検討している人は今が買いだと言えるでしょう。

なぜなら、現段階ではマツダのディーゼルエンジンの耐久性という物が証明されていない為、ディーゼル車としては走行距離が伸びていない車体があふれているからです。

また現在は10万㎞は牽制されるという概念がある為比較的安く手に入りますが、耐久性が証明されてしまう10万㎞を超える車種でも購入する方が増える為、値段がそれなりに上がってきます。

そうなってからでは購入する際にお金が多く必要になる為、安い今が買い時だと言えるのです。

また4WDも現在は走行距離が少ない為痛みも少ないので安心して購入できますが、耐久性が証明され長く乗る車種が増えてくると、4WD機構への痛みがひどくなる為安心して中古で購入できるのは今だと言えるでしょう。

このように、少し時期がずれてしまうと金額が上がってしまうため、安くそして安心して購入できる今が買い時だと言えるでしょう。

多くの人が気付いてからでは値段が上がってしまうので、まだこの事に気付いている人が少ない今がお得に購入できますので、もしも購入を検討している方は思い切って購入してみてはいかがでしょうか。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事