CX-5のカスタマイズを考えたことがあるでしょうか?

車を持つと、他の人からも「カッコイイな」と思われたい、自分で見ても「カッコイイ」と思うようにカスタマイズしたいと考える方も多いでしょう。

ここでは、CX-5のKE系パーツでおすすめのものを取り上げていきますが、まずKE系とは何か?ということから書いていきます。

KE系はCX-5前期型と後期型にも対応しているパーツが多く、充実したパーツのラインナップになっていますので、カスタムパーツを取り付ける場合の参考にしていただけたらと思います。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

カスタマイズは外装から始めるケースが多い。

CX-5に限らず自分の車にカスタムパーツを取り付ける場合は、外装から始めるケースが多いようです。

外装パーツといえば、ホイール・マフラー・リアスポイラー・エアロパーツなど様々なものが取り上げられますが、おすすめできるものを書いていきます。

Ⅰ.ホイール

引用元:https://www.maluzen.com/wheelcatalog/01carbrand_wg9432.html

CX-5で人気のある社外ホイールは、「ウェッズ・ヴェルヴァ・スポルト」というものです。

17インチや19インチなどホイールサイズは好みになりますので、あなたの好みにあったサイズで探してみて下さい。

タイヤ・ホイール専門店には、このホイールはあるのではないでしょうか。しかし、ネット通販でも買い求めることができます。

1度お店のカタログや通販サイトをのぞいていただくことをおすすめします。

Ⅱ.マフラー

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/hhhyautoaccessory/mc051.html#

次に、マフラーについてですが、「マフラーカッター」というものを紹介していきます。

マフラーカッターを取り付けたからと言って特に性能に影響を与えるようなことはありません。

見た目の「カッコ良さ」を追求するのであれば、必須のカスタムパーツであると言えるでしょう。

マフラーの排気ガスの出口にボルト1本で止めるだけなので、手軽で値段もリーズナブルですのでカスタマイズしやすいものではないでしょうか。

マフラーの出口部分が見た目が太くなりますので、マフラーカッター無しのノーマルよりもマフラーカッター有の方が迫力が増しますので、ぜひやってみて下さい。

Ⅲ.エアロバンパー

引用元:http://www.ducks-garden.co.jp/item/cx-5-front-bumper-01

続いてバンパーです。

バンパーはカスタマイズの花形と言っても過言ではないでしょう。

今回ご紹介したいのが、製造が「ダックスガーデンさん」の「グリル一体型エアロフロントバンパー」です。

このバンパーを取り付けるだけで、スポーティーでスタイリッシュな雰囲気を出してくれます。

更に「フロントバンパー・ガーニッシュ」「純正フォグランプ」等の取り付けも可能になっていますので、さらに見た目のグレードアップをさせる場合には、このパーツがおすすめです。

また、車検にも対応していますので、バンパーが破損して修理に出す以外、長く使うことができるでしょう。

CX-5のカスタムパーツの中でも、バンパーは多くのエアロパーツが存在しています。「グリル一体型フロントエアロバンパー」は、他でも作っていますのであなたの好みに合わせて取り付けて下さい。

Ⅳ.フロントバンパー・ガーニッシュ

引用元:https://item.rakuten.co.jp/deal-flow/10000913/

上のバンパーの欄で触れましたが、エアロバンパーに変えただけでも雰囲気は大きく変わりますが、「ガーニッシュ」を取り付けると更に1ランク上の見た目となります。

取り付けは、両面テープで貼りつけるだけですので、女性でも簡単にカスタムすることが可能です。

注意点としては、テープの粘着が弱いとすぐにはがれてしまいますので、ドライヤーなどで温めながら貼りつけるというやり方がよいでしょう。

Ⅴ.フロント・ハーフスポイラー

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/mazda/cx-5/partsreview/detail.aspx?cid=5379112&bi=5&ci=65&pn=1&ucm=2

これは、純正のバンパーの下側にハーフスポイラーを取り付けて、エアロ感を出すものです。上で書いた一体型エアロバンパーとは異なり、それほどお金をかけずにカスタムすることができます。

10色ほどの色がありお好みで選ぶことができますが、一般的にはバンパーと同色にするというケースが多いのではないでしょうか。

バンパーとハーフスポイラーの色によっては、CX-5の見た目の迫力をかなり上げることができますので、お店に相談しながらカスタムのやり方を考えてみるのも良いでしょう。

Ⅵ.オーバーフェンダー

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/RHS42421630001/

オーバーフェンダーは、ご存知の方も多いかもしれませんが、前後輪すべてのホイールハウスに取り付けるインテリアです。

これを取り付けることによりCX-5という車がよりかっこよく見え、迫力が大幅に増すことになります。

多くの会社でKE系パーツの開発を行っていますが、このオーバーフェンダーを含め未塗装で出荷をされることが多いようですので、あなたのお好みの色がある場合は、あらかじめ工場に伝えておくと良いでしょう。

リアタイヤ付近をさらにカスタムしようと考えている場合は、「泥除け」を取り付けてもいいのではないでしょうか。

「泥除け」をつけることにより、SUVが若干RV車に近い雰囲気になる可能性がありますので、お好みやこだわりがある場合は、取り付けなくても問題ありません。

Ⅶ.スポーツサイドバイザー

引用元:https://auto-style.jp/productsearch/info/EXE42421880001/

次に、スポーツサンバイザーについてです。

日除けや雨除けの効果はもちろんありますが、「スポーツサンバイザー」の名前の通り「見た目」のこだわりもあることがわかります。

機能的には、車内から排出された空気の逆流を防ぐ効果もあり、ただのドレスアップという意味だけではなく多機能性を持っているパーツであると言えます。

取り付けは、両面テープで貼りつけるだけなので簡単そうに感じますが、スポーツタイプのサンバイザーは少しでもナナメに貼りつけてしまうと見た目の印象が悪くなってしまうかもしれません。

その場合は、専門業者や整備工場に取り付けをお願いすることをおすすめします。

インテリアをどうカスタマイズするか?

外装をカスタムすると内装もカスタムしたくなるものです。内装に関しては、カスタマイズに興味がある・ないがはっきり分かれるところではありますが、オススメできるものがありますので紹介していきます。

Ⅰ.オーバーヘッドコンソールカバー

引用元:https://item.rakuten.co.jp/deal-flow/10000910/

これは、CX-5の天井にあるルームランプやスイッチのまわりに取り付けるカバーです。

純正風のデザインになっており、カスタムしずらい天井にカバーを取り付けることにより高級な感じを醸し出す雰囲気に変わります。

両面テープを貼るだけですので、簡単にカスタムしやすく車内の雰囲気も大きく変わることでしょう。

Ⅱ.カップホルダーカバー

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/mazda/cx-5/partsreview/detail.aspx?cid=9218660&bi=23&ci=221&pn=1&ucm=2

一見地味に見えるカスタムですが、カップホルダーカバーを取り付けることにより華やかに見えるようになるカスタマイズです。

取り付け方は、上のオーバーヘッドコンソールカバーと同じですので手軽にできるでしょう。

部品代は、3000円~8000円と幅がありますが、同じ商品でも店舗で買う場合とネット購入の場合での値段が異なるケースがありますので、購入をお考えであれば、店舗とネットで値段を見比べてみることをおすすめします。

Ⅲ.インナードアハンドルカバー

引用元:https://item.rakuten.co.jp/deal-flow/10000908/

内装で3つ目のおすすめは、インナードアハンドルカバーです。

これは、フロント左右・リア左右のドアハンドルにつけるカバーになります。

写真でみてもわかる通り、印象が大きく変わることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

天井とドリンクホルダー、そして前後左右のドアハンドルにメッキのカバーを取り付けるだけで、車内の印象が変わり高級感が出てきます。

CX-5のカスタマイズは自分の都合・好みに合わせて

CX-5のKE系パーツでのカスタムのお話をしてきました。

ここには記載していませんが、フォグランプやボンネットのカスタマイズ、ナンバー灯のLED化などたくさんカスタムする方法はあります。

車のカスタムは、あくまでも自分で決断して行うことが大切になります。

「CX-5ユーザー仲間がやっている」という理由でカスタムすると、あなたのイメージと違う雰囲気になってしまったり、「お金が必要以上にかかったのに満足できない」などの不満が出てしまいます。

まず、自分のカスタマイズするための予算を決め、どの部分をどのようにアレンジしたいのかということをイメージしましょう。

イメージがまとまってから実際にカスタムをして、自分流CX-5のカーライフを楽しんでください。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事