SUV車人気が再燃し、CX-5が出てから更に、人気に拍車がかかったと言っても過言ではない昨今のSUV車界。CX-5を購入し、自分の運転で道路を走っていると、

「あ、CX-5だ!」

「同じ車だ。さっきも見たな」

というデジャブのような出来事をあなたは、経験したことはありませんか?

このような出来事は、CX-5のみならず数年前のプリウス・NBOXでも起きました。

その中で、少しでも自分の車を目立たせたいと考える人は、一体自分の車をどのようにカスタムするのか?

その方法を説明していきますので、一読していただき参考にして頂けると幸いです。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

CX-5はノーマル状態でオフロードに耐えられる?

引用元:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/MAZDA-CX-5-269.html

結論から言うと、あまりにもひどい悪路であれば耐えることができないでしょう。

なぜそう言えるのか?

答えは「構造」にあります。

CX-5を含むノーマルのSUV車はフレームがモノコック構造になっています。

これは、多くの車に使われている標準のフレームです。

例えて言うと、デミオがノーマルの状態で山を登ったり下りたりするようなイメージです。

デミオのような普通の車が悪路を走ると車のボディーにゆがみが発生します。

想像すると、「それは無理だ」という感じになるのではないでしょうか。

オフロードを走るには、クロカン車である必要があります。

クロカン車は「クロスカントリー車」の略で、フレームがモノコックとは比べ物にならないほどの強度で作られています。

クロカン車のフレームは、ラダーフレームというものを使っていてオフロード等の悪路を走ってもボディーには、ゆがみが簡単に発生しない造りになっているのです。

CMなどで、SUVが岩場を走ったり川を横断するような映像が使われるため、「SUVもオフロード走れるんじゃないか?」と感じる方も多いかもしれません。

これはあくまでもCM上の演出ですから、本当にあんな走り方をしたら壊れてしまうかもしれませんので、カスタムをしてからオフロードを走るようにして下さい。

オフロード仕様

CX-5には、KE系・KF系のカスタムパーツが豊富にあるということは、CX-5に乗っている人であればほとんどの人が知っていることかもしれません。

KE系やKF系でカスタムしている人と見た目で差を付けたいということであれば、他のカスタムをやる他ないのです。

まず、オフロード仕様のことを書いていく前に、CX-5はノーマルな状態でオフロード走行が可能なのかということを書いていきます。

タイヤは、RV使用になっていますので、一見オフロード走行が可能であるように感じますが、オフロードよりアスファルトの路面の性能を重視したものを履いています。

従って、ダートなどの完全なオフロードの走行には向いているとは言えません。

オフロード走行も可能になるカスタムはいくつかありますので、1つずつみていきます。

タイヤとホイールのインチダウン

引用元:https://www.maluzen.com/wheelcatalog/01carbrand_wg9432.html

通常のカスタム化ならインチアップとなります。

しかし、CX-5でオフロード走行をするならインチダウンが有効です。

タイヤの外径は変わりませんから、横から見るとタイヤ部分が大きくなって、いかにもオフロード車にように見えるのがまずいいところであると言えます。

性能面ではタイヤ内の空気が増え、扁平率が下がることによって、タイヤの剛性も低下しますから、悪路走行性や乗り心地は大きく改善するでしょう。

CX-5は、16インチまでのインチダウンは可能ですので、見た目で迫力を感じることができるのではないでしょうか。

リフトアップ

2つ目の方法はリフトアップです。

タイヤとホイールのインチダウンとは、全く別になりますので混乱しないように注意してください。

リフトアップは、車高を上げることです。

オフロードを走りたいのにローダウンして車高を下げないようにしましょう。

リフトアップをするには、アップコイルスプリングという部品を前後4本使うことになります。

走行の安定性を保つ必要がありますので、極端なリフトアップは避けなければなりませんが、「ほどほどがちょうど良い」という言葉があるようにほどほどに車高を上げるようにしましょう。

このカスタムは、知識がないと自分で行うには難しいと思いますので、自動車専門の工場にお願いすることをおすすめします。

これは10万円ほどでやってもらえるところが多く、金額的にも比較的リーズナブルにできますのでチャレンジしてみても良いかもしれません。

オフロードタイヤ

商品画像はイメージです

引用元:https://item.rakuten.co.jp/yatoh/2257516-bs-mt674/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

CX-5が純正で履いているタイヤはトーヨーPROXES CF2 SUVまたは、ジオランダ―G98という、SUV用ではあるもののオンロード性能を重視したタイヤです。

オンロード用のタイヤですので、ハイウェイ性能、もっと言えば燃費性能を重視しているのです。

悪路を走るのであれば、燃費や静粛性、乗り心地を大幅に犠牲にしなければなりません。

しかし、実際に走る場合は、ある程度は安全に走ることができますし見た目の迫力も大幅にアップするでしょう。

CX-5は完全オフロードにしないと悪路は走れない?

通常のCX-5は、完全なSUV車ではなく上でも書いていますが、モノコック構造ではあるもののクロスオーバータイプのSUV車ですので、構造的には「絶対にオフロードは走ってはいけない」ということではないでしょう。

タイヤやリフトアップなど多少のカスタムは必要でしょうが、完全オフロードにしないと走れないというわけではないということが言えます。

オフロードカスタムされたCX-5はどのような感じか?

オフロードのようにカスタムされたCX-5の画像を載せますので、通常のCX-5とどのくらい雰囲気が変わるのかを見て下さい。

カスタムパターン1

引用元:https://motorz-garage.com/topic/detail/189

リフトアップして、タイヤもオフロード仕様にしています。

クロスカントリー車ではありませんが、クロスカントリー車のような雰囲気を出していることが伝わります。

このようなカスタムも面白いのではないでしょうか?

カスタムパターン2

引用元:https://motorz-garage.com/topic/detail/189

このCX-5は、都会で映えるカスタムというわけではなくリフトアップされた車に、高扁平タイヤを装着しています。

一見するとクロカン車に見えますが、都会でもオフロードを走っても違和感感じさせない造りになっています。

カスタムパターン3

引用元:https://motorz-garage.com/topic/detail/189

このタイプのCX-5は、迫力満点のオーバーフェンダーや、ダクト付きのFRPボンネットを装着していますが、CX-5としては、珍しいタイプかもしれません。

普段は街乗りを楽しみ、休みには自然を楽しみに出かけるというCX-5の特徴を存分に活かすスタイルでカスタムされています。

カスタムパターン4

引用元:https://motorz-garage.com/topic/detail/189

この車は、アウトドア寄りにカスタムされたCX-5です。

リフトアップしタイヤサイズも多少小さくしている感じではないでしょうか。

ライトもLEDにしてクロスカントリー仕様になっていますので、パッと見ではもしかしたらCX-5だということがわからないかもしれません。

いろいろなパターンのカスタムがある

CX-5のカスタムは、SUVであるということを生かしたオフロード仕様のカスタムやKE系・KF系パーツを使った都会派カスタムなど、様々なやり方で楽しむことができます。

あなたがやってみたいカスタムをやれば良いのですが、オフロードカスタムの場合は、やりすぎてしまうと横風を受けて横転など予期せぬ事故が起こる可能性があります。

安全運転に支障がないようなカスタムで楽しみましょう。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事