人気が高いSUVのひとつである新型CX-5。新型となったことで、サイズに変化はあったのでしょうか。

もちろん大きさが抑えられれば金額は落とせますし、コンパクトな方が小回りもききます。是非、CX-5のサイズ感をしっかり把握し、あなたにあった車種を選べば後悔もしません。

さらに、SUV車と聞くと気になる方も多いラゲッジ部分の説明。部座席の広さや乗り心地は?ラゲッジ(荷室)の広さってどんな感じなのか。

一緒に解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

新型CX-5の全長は長いのか

新型CX-5の全長は4,545mm、旧型CX-5の全長も4,545mmで全長は全く変わりません。

それでは、他車種と比べてみるとどうなのでしょうか?

日本で最も売れているとされるプリウスと比べてみると、プリウスは全長4,540mm

ん!?そうなんです。SUBは大きいように見えますが、全長はプリウスとほぼ変わりません。あまり全長については気にしなくても良さそうです。一見、大きいのでは?と思われがちですが、その差は1cmにも満たない程度の差になっています。

新型CX-5の幅はどうなのか?他車種と比べると…

新型CX-5の幅は1840mm、旧型CX‐5の幅も1840mmということで、こちらも新型と旧型の幅も変わりません。

また、プリウスのようなセダンタイプ、ミニバンタイプ、コンパクトタイプと比べてみると、8cm~14cmほど幅が広いことがわかります。

車種
SUV CX-5 1,840mm
セダンタイプ プリウス 1,760mm
ミニバンタイプ ヴォクシー 1,695mm
コンパクトタイプ アクア 1,695mm

すると、気になるのは運転のしやすさはどうなのか。

もちろん、Lクラスのセダン、ランドクルーザーのような大型SUVと比べるとそれほど大きくはありません。(ちなみに、ランドクルーザーは1,980mm、レクサスLS500hは1,900mmあり、ほぼ2mの車幅があるわけです。)

CX-5の最小回転半径は5.5で、小回りは多少苦労する人もいるかもしれません。ただ、プリウスでも5.1~5.4となるので、コンパクトカーではなく乗用車を運転出来る方であれば問題ありません。

2車線ほどあればUターンは出来ますよ。

確かに、「SUVなのに小回りがきく!」までは言えませんが、360°ビュー・モニターがあり周囲はしっかり確認出来るし、よほどの小道でなければそう運転しにくいとは言えないと思います。

新型と旧型で高さも同じ?実は…

新型CX-5の高さは1,690mm、旧型CX-5の高さは1,705mmということで、新型の方が旧型よりも15mm低く作られています。

わずか15mmしか高さは違わないのでほとんど変わらないイメージを持つかもしれませんが、見た目では新型CX-5のほうがずいぶん低くなった印象受けるのではないでしょうか。

1.5cm、されど1.5cmです。その分室内空間が圧迫されるのでは?と思いませんか。

もちろん、頭の上の空間が多少前よりも狭いかな?とも思う人もいるかもしれません。

しかし、実際はというと、高さが低くなった分ヒップポイントも低くなったので、乗りやすさは旧型よりもかなり改善されています。また、後部座席の背もたれの角度も調整できるようになり快適に作られています。

これら2つを重視した影響かもしれません。

全長や幅、高さはグレードによって異なるのか?

全長や全幅、全高はグレードによって1mmも変わることはありません。

グレードによって変わる部分は、馬力であり室内装備の部分となるので、その点はグレードを意識しなくても大丈夫です。

CX-5の室内のサイズ

CX-5の室内長や室内幅、室内高は以下の通りです。

室内長 室内幅 室内高
1,890mm 1,540mm 1,265mm

実は室内に関しては、旧型より長さは-20mm、幅は-10mm、高さは-15mmとほんの少しだけ狭くなりました。ただし、その差は1~2cmということでそれほど変わっていない印象を受けます。

後部座席の広さも、170cmほどの男性が座っても膝先は握りコブシ2つ分くらいは空く状態になるので、それほど狭さは感じません。

幅は1,540mmあるので、荷物をたくさん積み込む場合でも十分広く使えそうなイメージです。幅があるものはもちろん、高さがあるものを倒して横におけたりするのは重要な要素です。

ラゲッジルームに腰をかける場合もありまが、高さがあるので狭さを感じることはないのではないでしょう。

CX-5の後部座席は

後部座席にはリクライニング機能があり、2段階だけではありますが、後ろに倒すことが可能になっています。有るのと無いのでは、だいぶ違います。

なぜ複数段階にならなかったのかというと、後部座席はしっかり足で体を支えて欲しいという理由からみたいです。

リクライニングし、足を全席下に伸ばせばかなり後部座席の快適性が増します。同乗者にも気を配った点は評価出来るのではないでしょうか。

また、リアシートのセンターアームレストには、USB端子が2つ装備、充電も可能なのは便利ですね。

シートアレンジ

リアシートは4:2:4の分割可倒式で、スキーやスノーボード積み込む場合、中央にあるセンターアームレストだけ倒しても4人乗車が可能になっています。広さや機能性をみても十分であるということが言えます。

また、後部座席を全て倒したとしても、フラットにはなりません。多少ではありますが、シート座面の厚さや角度の影響により角度があります。そのため、シートを倒して載せる場合は、傾きによる倒れや、滑りには注意してください。

CX-5のラゲッジルームとは?


SUV車で気になるのは、ラゲッジルームだという方も多いかと思います。

旧型の500Lから505Lへ容量は大きくなっているので、CX-5のラゲッジルームは荷物を置くだけではなく、一工夫すれば休憩スペースを確保することができます。

CX-5の特徴「使い勝手がよい」

特徴としては、まず一言で言うと「広く使い勝手が良い」ということが言えます。

「広い」と簡単にまとめてしまうと逆にイメージしづらくなりますので、広さを説明していきます。

どのくらい広いのかというと、店員乗車時でも通常のゴルフバッグであれば4つ積み込むことが可能なくらいの広さ。

「使い勝手」の面から見ていくと、フロアの下にカーケア用品などが収納することができるサブトランクボックスがあり、12Vの電源ソケットが備え付けられていますので、携帯電話やゲーム機の充電に困ることはありません。

また、ラゲッジルームランプがリアゲート側にありますので、夜間でも荷物の出し入れは容易に行うことができますし、ラゲッジフックが4つありますから荷物の固定などでは力を発揮してくれるでしょう。

ラゲッジルームから前のシートを倒すことができ、スキーやスノーボードのように長さがあるものの積み込みやすさも感じることができます。

CX-5の特徴「安全性がしっかり」


「安全面」から見ていくと、リアゲートはスイッチで簡単に開閉することができ、ゲート付近にあるスイッチでリアゲートの角度を調節することが可能ですので、体格に合わせた角度にリアゲートを合わせることができます。

ゲート付近には、タッチセンサーというものがありこれが左右両端にあることにより、「指の挟みこみ」「子供が挟まる」という事故を防ぐための装置があります。

この機能が、「子供たちの安心・安全に貢献するデザイン部門奨励賞受賞」という成果を挙げています。

CX-5のラゲッジルームの機能を広さ・使い勝手・安全面からそれぞれ見てきましたが、注意しなければならないこともあります。

あまりにも長いものや大きいものを積み込むと、すばらしい機能を持っているラゲッジルームでもキャパシティオーバーを起こす可能性があります。

そうすると一部の機能の故障につながってしまいますので、説明書を読んで無理のないように使いましょう。

CX-5のサイズ感まとめ

確かに、車体の大きさにより運転に不安がある人や、-15mmという数値だけ見ると広さが狭くなったと気になったりする人もいるかもしれません。

また、現在ミニバンのように車内空間を広くとっているタイプの車に乗っていた人にとっても狭く感じるかもしれません。

ですが、SUVのCX-5は

  • 大きすぎず、小さすぎずの適度な大きさ
  • 後部座席は4:2:4の分割可倒式で使いやすい
  • ラゲッジも旧型より広さもアップ

今回はCX-5のサイズ感や特徴についてお伝えしました。参考になれば幸いです。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事