新型CX-5のサイズはいったいどれくらいなのか?

SUVとしてマツダが販売するCX-5のサイズを、旧型やCXシリーズ、さらに他社SUV車と比較しながら説明していきます。

車のサイズを気にする方におすすめの検討材料になるのではないでしょうか。ぜひ参考にして下さい。

下取りは一括査定サイトを使った方が実はお得!

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることも!

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。やってみると意外に道が開けるかもしれないのに。

新型CX-5、他のマツダ車とのサイズの違いは?

新型CX-5の全長は4,545mm、旧型CX-5の全長も4,545mmで全長は全く変わりません。

では、CX-3やCX-8とのサイズ差ってどのくらいあるのでしょうか。

車種 全長 全幅 全高
CX-3 4,275mm 1,765mm 1,550mm
CX-5 4,545mm 1,840mm 1,690mm
CX-8 4,900mm 1,840mm 1,730mm

公式サイトで確認してみると、全長はCX-3と比べると27cm、幅は8cm長くなっています。CX-8と比べてみると、全長は35cm短く、幅は同じです。

全長は予想通り徐々に大きくなり、運転性については、コンパクトSUVのCX-3の方がもちろん小回りが効きます。反対に大型のCX-8は最小回転半径が5.8mと大きいため、CX-5と視界などはそれほど変わりませんが、運転がしやすいとは言えません。

意外に小回りが効くといった意外性はない!

それなりに、大きさに違いがありますし、CX-5は、街乗りSUVとしては丁度いいサイズだと言えそうです。

それでは、他メーカーでSUVライバル車と言われているものと比べてみるとどうなのでしょうか?

エクストレイル・ハリアー・ヴェゼルなどと比べてみるとこんな感じ。

メーカー・車種 全長 全幅 全高
マツダ・CX-5 4,545mm 1,840mm 1,690mm
日産・エクストレイル 4,690mm 1,820mm 1,740mm
トヨタ・ハリアー 4725mm 1,835mm 1,690mm
ホンダ・ヴェゼル 4,330mm 1,770mm 1,605mm

CX-5も比較的大きめのSUV車というイメージがありますが、ハリアーが1番長いということがわかります。

CX-5とヴェゼルで比べると250mmほどCX-5の方が長いのですが、例えば、荷物を積んでよく出かけるという場合には、この全長という部分は気になるところではないでしょうか。

運転のしやすさという点から見ると、ヴェゼルはそもそもコンパクトなので違いはありますが、エクストレイルやハリアーと比べてみると、それほど大きな違いはありません。

同クラスのSUV車は運転性を気にする必要がないほどの大きさの違いです。あなたが、SUVの車体の大きさに問題が無ければ、判断基準にはしなくて良さそうです。

ただ、まったく同じと言うわけではないので、サイズの違いをまとめておきます。

幅がほんの少しだけ…


CX-5の幅がハリアーよりも5mmほど長いということがわかります。

新型CX-5の幅は1840mm、旧型CX-5の幅も1840mmということで、新型と旧型の幅も変わりません。

ホンダ・ヴェゼルは全長・幅共に最も短く作られていますので、他のSUV車と比べて見た目でもわかりますが一回りコンパクトにできているということがわかりますね。

普通に走行する分には何の問題も感じませんし、この程度の違い(5mm)であれば、たとえ駐車場に車を止める時などでも、CX-5だからと言って他のSUV車よりも若干止めにくさを感じるということは無いと思います。

高さは同じ?

新型CX-5の高さは1690mm、旧型CX-5の高さは1705mmということで、新型の方が旧型よりも15mm低く作られています。

わずか15mmしか高さは違わないのでほとんど変わらないイメージを持つかもしれませんが、見た目では新型CX-5のほうがずいぶん低くなった印象受けるのではないでしょうか。

室内の圧迫感があるのでは?

と、正直最初は(え、デザインも良いけど、高さも重要なんだけど)と思ったのですが、低くなった分乗りやすさなどが向上。女性や子供にとって優しい設計になりました。

さらに、シートの素材や角度、リクライニング機能などによるシートの機能性などが向上したことにより、その15mmの差についてもさほど気にならないばかりでなく、快適性がアップしたのは良かったです。

では、他メーカーSUV車と高さを比較してみます。

エクストレイルがこの車種の中では1番高さがありますが、CX-5やハリアーとは25mmしか変わらないという所は意外な印象を受けるかもしれません。

しかし、25mmというのは、CX-5やハリアーと一緒に並べてみると「ずいぶん高さが違う」という印象を持つことになるでしょう。

他のメーカーとの比較では、ハリアーが全体的に大きいSUV車であることがわかりました。

CX-5はヴェゼルほど小さくありませんが、ハリアーやエクストレイルほど大きくなく、ワイドローな車であり多用途で使いやすい車であるということが言えるでしょう。

室内空間を比較!

やはり運転のしやすさなどの車体の大きさも重要ですが、やはり気になるのは室内空間!

では、どのくらい広さに違いがあるのか見ていきたいと思います。

マツダ車の室内寸法はこの通り

各CXシリーズの室内寸法は下記の通りです。

車種 長さ 高さ
CX-3 1,810mm 1,435mm 1,210mm
CX-5 1,890mm 1,540mm 1,265mm
CX-8 2,690mm 1,540mm 1,250mm

大きい車体になれば室内空間も広くなっていくのは当たり前ですが、

意外だったのが、室内寸法だとなんとCX-5の方がCX-8より1.5cm高いという結果に!

全体的にCX-3は、シートの大きさや高さなどが小さいのは想像つくと思います。しかし、CX-5とCX-8のここが特徴的なのですが、座ったときの座高の高さに違いがあるのが特徴的でした。

前席シートは1cm低く、後部座席は1cm高いという結果に。

こういった座った時の感覚というのは、試乗して比べたりするとわかったりする点です。下記は左側(もしくは上)がCX-5、右側(下)がCX-8になります。

引用:マツダ公式サイト

引用:マツダ公式サイト

CX-5の前席の※印はサンルーフ装着後だと955mm(前席)・995mm(後席中央)となります。

ラゲッジルームの大きさを比較!

CX-5のサイズは、幅1,040mm(タイヤハウス間) × 奥行き960mm(通常)~1,830mm(リアシートを最前部までスライド) となっています。

そして、気になる高さは、790mmです。

まずは、リアシートを倒した状態ではなく、通常時を他社と比較してみるとどうなのでしょうか。

メーカー・車種 容量(VDL方式) サイズ
マツダ・CX-5 505L H:790 W:1,040 D:960
日産・エクストレイル 565L H:845 W:1,110 D:1,088
トヨタ・ハリアー 456L H:740 W:1,405 D:1,010
ホンダ・ヴェゼル 393L H:760 W:1,010 D:1,400

そして、気になる最長はというと、下記の通りです。やはり、ヴェゼルは少し長さが短めです。

メーカー・車種 最長サイズ
マツダ・CX-5 D:1,830mm
日産・エクストレイル D:1,742mm
トヨタ・ハリアー D:1,900mm
ホンダ・ヴェゼル D:1,415mm

こう見てみると、ヴェゼル以外はどの車種でもそれほど大きな違いはありません。

新型CX-5は他メーカーSUV車と比べると使いやすいのか?

値段比較でCX-5と他メーカー車で比べるケースが多いのですが、機能性はどのメーカーも大きく差はないのではないでしょうか。

「あなたがSUV車に何を求めるのか」ということが大切になってきます。

操縦性を求めるならヴェゼルを選ぶ可能性があるでしょうし、キャンプや車中泊によく行く場合であればエクストレイルが選択肢に入ってくるでしょう。

CX-5は、お休みに遠出をよくする場合や車で旅行するにはぴったりな車です。何も考えずにただ見に行くよりも、今回ご紹介した見方をもって実際にを足を運ぶのもいいのではないでしょうか?

SUV車を購入される場合は、あなたが何を重要視するのかによってメーカーや車種が変わってくるはずですので、各メーカーを回ってあなたに合ったSUV車を探してください。

CX-5が値引き金額から、更に48万円安くなる裏ワザとは?

CX-5がほしい!

そう思っている人がこの記事を見てくれているはずです。そこで、このサイトに訪問してくれたお礼としてある裏ワザをお伝えしたいと思います。

ただ知らないだけで結構大きい金額を損をしてしまっている人が多いようです、それではかなり勿体無い!

そこで、値引き額から更に48万円も安くなるワザをご紹介したいと思います。

やっぱりカッコイイCX-5

昨年2月にフルモデルチェンジを行った新型CX-5なのですが、今まで以上にカッコイイ!グリルも今どきになってるし、何よりも高級感があります。

ガソリン車はもちろん、流行りのクリーンディーゼルもあります。しかも、新型となれば室内の静粛性とかもアップしているし、リアシートにリクライニングが付いて友達や家族を乗せた時に快適性にビックリして、鼻が高くなっちゃいますよね。

それと、なんといっても

マツダならではの走り

これは、いつでもドライブしたくなっちゃいます!それに、駐車場に止まっている愛車についつい眺めてしまう姿が想像できますね~。

ただ、

実際はこういうのが一般的

ウキウキ気分でディーラーに向かうも、いざ見積もりしてみると実際はこんな風に悩むのが普通です。

  • 「やっぱりちょっと高いなぁ~…」
  • 「これは家族が許してくれそうにない…」
  • 「値引き交渉って俺にできるのか…」
  • 「他の店の方が安いかも…でもめんどうだし」
  • 「エントリーモデルの20sにしようかな…」
  • 「CX-5買うなら旧型か…」

などなど、悩みがは尽きません…

新型となり全グレードの価格が僅かではあるのですがアップしてしまいました。また、見積もりを終え、家に帰宅後、CX-5の良さを嫁に話しても伝わらず、値段を理由に中古車も視野に入れている状況になる場合も。

実際、近くに住む私の友達は、やはり好きな新車ではなく中古の旧型を購入していました。でも、

諦めたくない!

そんな方は、これからご紹介するオススメの裏技を使うことで、

諦めようと思った人諦めなくて良くなるし、最上位グレードにしたり、オプションを付けたりすることも可能!

やはり、好きな車でドライブするとテンションも上がります!納車までの待っている時間でさえもウキウキしたいじゃないですか!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

まずは、

絶対に下取りは一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが、なんと買取業者では倍の60万円になることもあります。

では、なぜそんなに高額になるのか?

その理由は、しっかりしていて、単純な1対1のやり取り、かつ購入予定の弱い立場ではなく、一括査定となることで、大手下取り会社の最大10社が、あなたの車の買取価格を競ってくれます。

結果的に、なんと倍になることもあるわけです。

入力するという一手間をめんどくさがる人もいますが、本当に勿体無いです。欲しい車のハンドルを握るのは、意外にもそんなひと手間なのかもしれません。

おすすめの記事